チャレンジド(障がい者)の方々と共に、様々な就労支援の取り組み・活動をしています|NPO チャレンジドおきなわ

文字サイズ変更

  • 標準サイズ
  • 大きいサイズ
  • 最大サイズ

チャレンジドおきなわ活動理念

 障がいのある人も、障がいのない人も、それぞれが互いに支え合い、認め合い、共に生きていけるのが当たり前の社会である。そして人は働くことによって、社会の中で自分の存在意義を見いだすことができると考えます。

 それ故、働くことの意義とそれに伴う義務について、日々の就労訓練や作業を通して理解を深め、実際の就労に結びつけていく。その環境を提供するとともに支援を行っていくことを中心に、チャレンジドおきなわは活動していきます。

チャレンジドおきなわ「8つの方針」

 方針の一つである「頑張りすぎないこと」とは無理をしないという意味であり、「やってみること」とは、自身がやってみたいことの失敗を恐れずに、まずはやってみる。つまり、何もやらずに最初からあきらめないという意味である。そのほかにも、次のようなものがあります。

1) 頑張りすぎないこと        2) まずやってみること
3) 楽しむこと                4) 感動すること
5) 信じること                6) 思いやること
7) 感謝すること             8)あきらめないこと

チャレンジドおきなわ「6つの事業部門」

チャレンジドおきなわでは、運営・就労支援訓練に関連した下記6つの事業展開をしています。

  
■沖縄情報部
  
 沖縄の「自然・歴史・文化・民俗・社会・経済・観光・その他」に関するあらゆる情報を調査収集・デジタルデータ撮影・目的整理し、将来的にインターネット上で一般利用者がアクセスできる形でデータベース一元化をすすめていく事業です。
沖縄情報部の詳細をみる→
  
■工芸事業部
  
 沖縄の伝統工芸である「紅型(びんがた)」染め物を中心に、手芸織物・手作りビーズ・編物などの制作をする事業です。商品化をみすえた、オリジナル製品開発およびグッズ販売等をすすめる事業になります。
工芸事業部の詳細をみる→
  
■総合事業部
  
 企業や一般家庭などから出る再資源回収品(新聞・雑誌・古紙、空き缶、ペットボトル、廃品金属類、その他)の無料出張引き取りをおこない、リサイクル・エコロジーといった視点で地域社会との関係を円滑にする事業です。
総合事業部の詳細をみる→
  
■一次産業部
  
 農地開拓・農生産・園芸など自然環境と密接した事業部です。「農」を通して親しむところから「業」としての情報・知識・技術全般を蓄積し、将来的には計画的な生産・流通を目的とした農園運用を視野に取り組みをしていきます。
一次農産業部の詳細をみる→
  
■食品事業部
  
 医食同源をコンセプトに、食と健康について研究していく事業部です。特に、沖縄料理全般の調理方法やお菓子作りを通して、加工品の開発・流通・販売に取り組んでいきます。
食品事業部の詳細をみる→
  
■IT事業部
  
 主に、行政・法人・個人経営者様へのWEB(ホームページ)制作、データ入力代行、システム提案・開発などの管理運用およびサーバホスティング業務等をおこなう事業です。他事業部ノウハウのデジタルIT化を推進し、さらなる運用向上をはかる独立した事業部です。
 あわせて、情報社会に適応した人材の育成・資格取得などを通したIT教育および研修などの取り組みをしています。