本文へジャンプ
トップ
沖縄情報
北大東村
観 る
遊 ぶ
食べる
作 る
買い物
楽しむ
泊まる

北大東村

位置

 沖縄本島の東、約360kmの太平洋上に浮かぶ北大東島と、その東にある沖大東島(ラサ島)とで村域となす。北大東島の地形も南大東島と同じく、隆起珊瑚でできた島で周辺部が高く内陸部は平坦な土地になっている。島の周辺に砂浜はなく、断崖絶壁が取り囲んでいる。

 中央部が盆地のように凹み、周囲が高くなっている所を「幕(はぐ)」と呼んでいる。

歴史

 埋蔵文化の痕跡はなく、北大東島が歴史に登場するのは、南大東島と同じく19世紀初頭のことである。イギリスの海軍水路部の海図には北大東島が「北ポロジノ島」、沖大東島が「ラサ島」と記されている。開拓が始まったのは明治361905)年。南大東島の開拓を一段落させた玉置半右衛門が北大東島も着手した。サトウキビに加えて北大東は燐の採掘も行われた。島は製糖会社が社会、治安などすべて公共業務を国から独立して行う社会制度のもとで発展した。大戦後昭和211946)年村制が施行され、昭和391964)年には土地の所有権が村民に認められるようになった。現在燐鉱の採掘は行われておらず、サトウキビ栽培が中心である。港湾整備も行われ、漁業も盛んになってきた。

特産品

・マグロ節、大東(ウフアガリ)みそ、サワラの塩漬け

伝統行事

・大東宮例祭

 922日、23日に行われる祭り、島内各所を神輿でねりあるく。沖縄角力なども行われる。

(村の花)ハマオモト、(村の木)ビロウ